スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徘徊問題の対策は?

高齢者の認知症による徘徊の問題が最近になってクローズアップされています。
以前からあったもんだと思うのですが、急に多くのメディアで取り上げられるようになりましたね。

超高齢社会に入っている日本では、避けられない問題です。
地域で取り組みを行っている自治体もあります。
施設の数も介護職員の数も不足しており、家族もそれぞれの生活があるので、課題は多く、対応も難しいと思います。

私たちも、地域でどのようにしてこの問題に対応・協力していけるのか知りたいと思います。
この問題に取り組んでいる団体もいくつか存在します。
一般の市民が誤った対応をしないようにするためにも、対応策等の情報を出して欲しいと思います。

徘徊をするにも、外出する際には本人は目的があって外出するんだけど、その目的と道を忘れてしまって徘徊になるのだそうです。
これを頭ごなしに外出に対して叱るとよくないとも言われています。
社会全体が正しいサポートをできるためには、ぜひ正しい対応方法を示して欲しい。
国民の4分の1が65歳以上。
もう他人事ではなく、全国民で取り組むべき問題だと思います。

昨夜のTBSラジオ「荻上チキ Session22」でも、メインセッションで提案モードで「認知症の人をどう支えるか?」のテーマで有識者のお話がありました。
ホームページからPodcastで聴くことができます。
http://www.tbsradio.jp/ss954/2014/05/20140519-1.html

国家レベルで取り組むべき問題です。
全国各地で取り組んであられる有識者の意見を収集して、政府の対策をまとめて欲しいと思います。

さらに、認知症に関する医学的・生物学的なアプローチについても情報を開示してほしい。
まずは、生活の中で予防できることはやってみる必要があると思います。
考えられる対策が命に影響を及ぼす可能性があるものであれば話は別ですが、生活レベルの対策であればできることからやっていかないと増える一方ではないでしょうか。
認知症を発症している方への社会全体での対処と同時に考えられる予防方法をマスコミの視聴率・販売部数稼ぎの極論議論大会ではない形にするためにも政府・行政主導で発表してほしいなと思います。
これがまた役人の利権のためになったらどうしようもないんだけど...。










涼感ショップ 健くん

スポンサーサイト

コーヒーって本当に身体にいいの?

本日配信された日刊ゲンダイの記事。
コーヒーの健康効果を伝えています。
コーヒーについては、かなり以前から様々な効果が言われています。

がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。

・ガン抑制効果
・Ⅱ型糖尿病予防効果
・脳卒中等心血管系疾患予防効果
・アルツハイマー型認知症予防効果
等々

1日に3杯から4杯くらいが適当と言われています。
コーヒー成分で病気を予防する作用があるもの。
・カフェイン
・クロロゲン酸
・ニコチン酸類(ビタミンB)
・NMP(N―メチルピリジニウムイオン)

最近では「医者がなぜコーヒーを勧めないのか疑問だ」と書かれた論文すら出てきたほどだそうです。

コーヒーは常用している人たちが多く、私も毎日3,4杯は飲んでいます。
健康に関していろいろやっているので、これがコーヒーの効果とはなかなか実感はできませんが、美味しく飲めて健康にいいならうれしいことですね。

なお、記事でも言っていますが、飲みすぎは逆効果になることもあります。
1日に6杯以上は飲みすぎの可能性がありますので要注意。


ZOJIRUSHI 珈琲通 コーヒーメーカー 【カップ約1~4杯】 ハーブブラウン EC-TB40-TD


ファイン メタ・コーヒー 60杯分


珈琲一杯の薬理学


健康ショップ 健くん

疲労がわかるメガネ?

来年発売のすごいメガネの話。
本日「ねとらば」から配信された速報です。

メガネブランド「JINS」は、疲れや眠気を可視化する独自のセンサーを内蔵したメガネ「JINS MEME(ミーム)」を2015年春に発売すると発表しました。
センサーで取得したデータは専用スマートフォンアプリで管理。
価格は未定。

鼻パッドと眉間部分から検出される眼電位により、八方向の視線移動とまばたきをリアルタイムに測定できるというもので、このセンサーを内蔵したメガネと専用アプリを連携させると、目の動きから疲れや集中度を割り出せるそうです。
また運転中にドライバーの眠気の兆候を察知し、アラートする機能の構築を目指しているそうです。

疲れや眠気が可視化できるとまた安全確保に貢献できるかもしれませんね。

疲れについては、唾液中のHHV6の量によっても測定できるはずで、そろそろ疲労度測定試験紙みたいなものが出てもいいのではないでしょうかね。
公共交通機関の運転手さんやパイロットの疲労状況の運行前確認で事故防止になるように思います。

健康ショップ 健くん

熱中症対策温湿度計 健くん

熱中症対策グッズ 健くん

「美味しんぼ」の鼻血シーンに環境大臣がコメント

漫画「美味しんぼ」で描かれた福島第一原発周辺訪問後の鼻血シーンについて色々言われています。
環境省はホームページで「福島第1原発事故による被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられない」との見解を述べています。
石原環境大臣も、9日に「専門家からは福島第1原発事故による被ばくと鼻血との因果関係はないという評価が出ている」,「風評被害を引き起こすようなことがあってはならない」,「描写が何を意図して何を訴えようとしているのか、全く理解できない」と述べています。

これに対し、前福島県双葉町長の井戸川克隆さんは9日「実際、鼻血が出る人の話を多く聞いている。私自身、毎日鼻血が出て、特に朝がひどい。発言の撤回はありえない」,「なぜあの大臣が私の体についてうんぬんできるのか」述べています。

「美味しんぼ」原作者の雁屋哲さんは全責任が自分にあることを言って、自分の経験によるものと述べています。
取材に基づいて表現されており、前町長もが証言しています。

地元からすれば風評被害につながるとして苦情が多く出ています。
その思いはよくわかります。
ただし、現実に他地域に比べ鼻血やめまいが多いのであれば、なんらかの情報公開と対策は必要なはず。
環境大臣の発言は騒ぎを抑えるためだけのヒステリックな発言にしか思えません。
閣僚および官庁が発表するのであれば、まず原発との因果関係を言う前に、実際に他地域と比較した鼻血とめまいの発生頻度比較を出すべきだと思います。
明らかにこの地域で発生頻度が高いのであれば、被ばくと関係ないならば別の原因が何なのかの調査も必要なはずです。
風評被害の問題は「美味しんぼ」側ではなくて環境省側にあるような気がします。

国民の健康に関する重要な問題です。
「関係ない」とつっぱねるだけで終わらないように環境省・厚労省にはお願いしたいです。


低線量被ばくKEYBOOK―正しい知識で深く理解する!



福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2


認知症の相談窓口

65歳以上の人の4人に1人が認知症とその予備軍と言われています。
書店では認知症関連の書籍がかなり売れているようです。
徘徊等による事故の可能性もあり、今後の地域の在り方も含め、社会全体で認知症の方を救う取り組みが必要になってきます。
自治体が中心になって「徘徊SOSネットワーク」というものをやっていて、行方不明者が発生した場合に情報を出して警察や商店などのネットワークで探すような仕組みがあります。
もう、他人事ではありません。
事故のない社会を作るため、皆が安全・安心の生活を送るようにできるために、意識して助け合うことが必要になってきています。

昨夜のTBSラジオ「荻上チキSession22」の「毎日新聞・N検Session」コーナーで認知症について取り上げていました。

番組内で紹介していたのが、公益財団法人認知症予防財団。
ホームページ:http://www.mainichi.co.jp/ninchishou/

各種情報の公開と相談の電話の受付を行っています。
認知症に対する正しい知識と対処法をまず多くの人が知識として持つ必要があります。
そして、困ったらひとりで悩まずに有識者や自治体・団体に相談してみるのもいいかと思います。

認知症の相談が出来る毎日新聞社と認知症予防財団の電話相談
「認知症110番」(協力・アメリカンファミリー生命保険会社)は、毎週、月曜日と木曜日(祝日を除く)10時~15時で相談を受け付けています。
電話番号は0120-654874です。

昨夜の「毎日新聞・N検Session」コーナーの案内ページはこちらです。
ページからこのコーナーの番組音声を聴くことができます。
http://www.tbsradio.jp/ss954/2014/05/20140505nsession.html


新版 認知症よい対応・わるい対応 正しい理解と効果的な予防

足首回しで血液を回そう

今年のゴールデンウィーク、カレンダーの並びの影響で勤務先によって連休の日数が異なっていました。
後半4連休は全国あちこちで交通渋滞が発生しているようです。
長距離の移動、体も疲れるし大変ですね。
運転となると、さらに集中力が必要となるし、疲労の蓄積も相当なものだろうと思います。

余裕をもってお出かけください。

最近、足から腰にかけて痺れと痛みがひどくなったという男性の方の話。
車を新車に変えられたそうです。
ハイブリッド車。
アクセルの踏み込み具合で、モーターとガソリンエンジンの切り替えが発生するので、慣れるまで足首の調整で緊張するそうです。
足・脚。大腿部・腰のマッサージで解消。
運転の間にもこまめに休憩をとって足首まわわし等で血流をよくする必要がありますね。

長時間移動の皆さんも、できればふくらはぎマッサージ、それができない場合も足首回しで足元に降りた血液を上あげていきましょう。





健康ショップ 健くん

涼感ショップ 健くん

紫外線と熱中症にご注意を

ついこの間まで「寒い」と感じていたように思うのですが。
なんかもう夏に向かっている感じですね。
官公庁ではクールビズが始まっているし。

紫外線や熱中症への注意の呼びかけも聞こえるようになってきました。
まだ身体が暑さに慣れていなくて、暑くなったときに体温を下げる仕組みが働かないんですね。
それで脱水症状を起こして熱中症になったりする。

晴れた日の直射日光も強くなってきました。
快晴時の屋外作業時は長袖長ズボンでの防御がよろしいかと。

本格的な暑さがやってくるまでが油断しやすい時。
ちょっと意識して防御していきましょう。









涼感ショップ 健くん

乳幼児の「くる病」が増加

本日の毎日新聞の配信記事によると、乳幼児に「くる病」が増えているそうです。
昔にはそういう話も聞きましたが、最近ではもう乳幼児ではなくなった病気だと思っていました。

くる病はビタミンD不足によるもの。
血中のカルシウム濃度が下がり、骨の変形や成長障害などが起こります。
乳幼児では、立ったり歩いたりする時期に足に負荷がかかってO脚になりやすくなる病気です。

ビタミンDは、日光に当たることによって体内で合成されます。
紫外線対策で日光に当たっていない乳幼児が増えているのかもしれません。

記事では現在の乳幼児のくる病の三大原因を挙げています。
①母乳栄養の推進
②日光浴不足
③偏った食事

母乳は免疫力アップの大きな効果を持っていますが、ビタミンDが少ない。
アレルギー予防として、ビタミンDが豊富な卵や魚を避ける食事をしている。

東京大大学院の北中幸子准教授(小児医学)は「世界的にもビタミンD欠乏症が増えている。予防策として、特に母乳で育てている子には、日焼けしない程度に日光浴させたり離乳食で魚を取らせたりしてほしい」と呼びかけています。

産科や小児科のお医者様にも情報共有していただき、乳幼児を持つ親御さんに知ってほしいと思います。

くる病対策だけでなく、ビタミンDには色々な効果があると言われています。
日光を浴びることが少なくなっている現代、子供だけでなく、大人も日光浴の機会を増やしてみては。


ビタミンDは長寿ホルモン―不足するとガン、脳、心血管病、糖尿病、関節症等を招く



がん予防に実は「日光浴」が有効なわけ ビタミンDの驚きの効力 (講談社+α新書)



サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~



ビタミンD革命―日光の恵み ビタミンDの力


健康ショップ 健くん

強烈な疲労の除去のために

疲労の正体をご存知ですか。
FF(Fatigue Factor)という物質(タンパク質)です。
これが体内に蓄積することで疲労を感じる。
除去方法としては、血流を良くして睡眠をとること。
睡眠時の免疫力が必要です。

しかし、それでも疲労が取れないときにどうするかが今回の話題。
これに効くとされる物質があります。
「イミダゾール・ド・ペプチド」別名「イミダペプチド」。
FFが発見さえた時から、鳥(鶏)の胸肉がFF抑制効果があるのではないかと言われていました。
その成分を色々調べていてこのイミダペプチドの効果がわかったようです。

魔法の鶏むね肉レシピ 疲労回復とアンチエイジング! イミダペプチドの奇跡 (TJMOOK)

鳥、特に渡り鳥は長時間飛行を続けます。
また、回遊魚もずっと泳ぎ続けます。
これらは疲労を感じると命を落とすことになる。
それでFFを溜め込まない物質を持っています。
その研究から、最近は、サプリメントとしてイミダペプチドが商品化されています。
ニンニクや栄養ドリンク等のように精力を付けて疲れに対抗するのではなく、疲れ物質そのものを分解することにより疲労感をなくすやり方。

新年度に入って1ケ月。
新しい環境で強い疲労を感じている方、イミダペプチドを試してみませんか。


イミダゾール ジ ペプチド 濃縮180粒



日本予防医薬 イミダペプチド240 30ml×10本



イミダペプチドソフトカプセル(120粒)



イミダゾールジペプチド粒プレミアム(成分強化版) 90粒


ビーフショップ 健くん

涼感ショップ 健くん
プロフィール

健(たける)くん

Author:健(たける)くん
ご訪問ありがとうございます。健康情報を集めています。気になった情報にコメントを付けて紹介します。

最新記事
月別アーカイブ
広告
楽天市場
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。