スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘く見ると怖い「五十肩」

日刊ゲンダイからの配信です。
五十肩とは、肩の痛みに加え、腕の動きが悪くなる疾患です。
ただの肩凝りと見ていると、腕が一生上がらなくなることもありえます。

五十肩治療の第一人者東京女子医科大学東医療センター整形外科・神戸克明准教授の治療予約は4ケ月待ちだそうです。

肩の「肩峰」という箇所で、50歳以上になるとほとんどの人の肩峰の裏側に骨のトゲができ、肩の筋肉と骨をつなぐ「腱板(けんばん)」に傷をつくります。
ヒアルロン酸が十分にあれば傷は治りますが、加齢や体質、持病などでヒアルロン酸が少ないと、傷は治らず炎症が肩に広がり、肩関節周囲炎を起こします。
炎症が慢性化すると、痛みで肩を動かしづらくなります。
それが五十肩です。
さらに放置すると、肩の関節が癒着して拘縮肩と呼ばれる状態になります。
腕が肩の高さまで上がらない。
痛くて肩を動かせないのではなく、構造的に動かせなくなってしまいます。

「肩凝り」状態を放置しないこと。
拘縮肩までいくと自然に治癒できなくなります。
まずは肩周辺を動かし、痛みがあったら病院に行くか、マッサージで筋肉を緩めてみて緩和するかどうか確認しましょう。
肩凝り、あなどるなかれ。


肩が痛い、腕が上がらない―五十肩 (NHKきょうの健康Qブック)



五十肩はこう治す! ──知るだけで治りがよくなる「体のスイッチ」



フランクリン・メソッド 首のリラックス、肩の解放 緊張を解き、なめらかに動く究極のエクササイズ


健康ショップ 健くん

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

健(たける)くん

Author:健(たける)くん
ご訪問ありがとうございます。健康情報を集めています。気になった情報にコメントを付けて紹介します。

最新記事
月別アーカイブ
広告
楽天市場
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。