FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙マナーを言うなら喫煙所を増やそう

私が着目していた裁判の判決公判が昨日ありました。
東京高裁で行われたもので、横浜市内での路上喫煙に関する裁判。
東京在住の方が横浜で路上喫煙を行って、巡回中の美化推進員から過料2,000円を徴収されたのですが、路上喫煙地域であることが分かりにくかったとして、処分取り消しを求めて提訴していたものです。
一審の横浜地裁では、男性の言い分を認め、横浜市に処分の取り消しを言い渡しました。
高裁では、「条例制定などの取り組みは、拡大してきている」と指摘、その上で、「あえて路上で喫煙する場合には、禁止地区かどうか十分に注意する義務がある」とし、違反現場にあった禁止地区を周知する路面表示も「注意を怠らなければ認識できた」として、男性の過失を認定しました。

確かにね、路上喫煙を禁止している自治体は年々目に見えて増加しています。
路上で煙草に火をつける段階でそこが喫煙していい場所かどうか確認する必要はあるかもしれない。

ただね、すごく気になることがあるんです。
私の生活範囲でも禁煙区域がどんどん広がっています。
つい先日も私の家の近所一帯が喫煙禁止地区になりました。
私は煙草を吸わないので構わないのですが、私自身は別に横で煙草を吸われてもそれほど嫌ではありません。
煙草には色々な害が言われていますが、ストレス解消に大きな効果もあります。
他人の迷惑にならない程度、特に子供にやけどをさせない等の注意は必要だし、今の時代に道路にポイ捨てなどはやめて欲しいとは思いますが、マナーの範囲ではゆっくり楽しんで吸っていただいていいのではないかと思っています。
愛煙家と嫌煙家が互いに相手を認め合っていけることが大切だと思います。
ところが、禁煙エリアの拡大に合わせて喫煙場所がどんどん減っています。
「えっ、ここからも灰皿撤去?じゃぁ、喫煙者はどこで吸うの?」って感じ。
近所を散歩していて、「あのー、近くに煙草を吸える場所がありますか?」と尋ねられることがありますが、答えられなくなってきています。
煙草を吸うことは違法ではないのに、吸える場所がなくなってきているのです。
喫煙者は多額の税金を吸わない人よりも払っています。
その税金と路上喫煙の過料の一部は喫煙所作成に充ててもいいのではないかなと思います。
情動喫煙者にとっては害ばかりでも、愛煙家にとってストレス解消の効果があるのならば、健康のためにも、ちゃんと吸えるようにしてあげて欲しい。
ストレスによる病気は喫煙による病気よりも辛い場合もあります。
吸える場所がなくなるから、わかっていてもついつい路上喫煙してしまうこともあるのではないでしょうか。
ちゃんと吸える場所があれば各所にあれば路上喫煙は減るんじゃないかな。
そして、ちゃんと吸える場所があるのに禁止地区で吸う人には厳しく罰することができると思うんです。
吸える場所が無くて罰せられるのはちょっと気の毒。
ちょっと規模の大きい駅やショッピング街には分煙コーナーがあってもいいんじゃないかな。


涼感ショップ 健くん


熱中症対策グッズ 健くん







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

健(たける)くん

Author:健(たける)くん
ご訪問ありがとうございます。健康情報を集めています。気になった情報にコメントを付けて紹介します。

最新記事
月別アーカイブ
広告
楽天市場
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。